マンションが売れない

マンション・一戸建てが売れない場合、売れない理由は主に2つです。

1)販売手法が適切でないか 2)価格設定が適切でないか、いづれか場合です。

それぞれ、見学者がこないで売れない場合と、見学者が来ても売れない場合の2点から考えなければなりません。

  • 販売手法が不適切でマンション、一戸建てが売れない場合

1.売り止め

マンション・一戸建ての仲介では、販売を受任した会社と購入希望者を担当する会社は別でも構いません。たとえ1社の力で売れないでも、複数の会社の仲介で契約成立をさせることができます。しかし専任などで委託した場合考えなければならないリスクが、【売り止め】です。一部の業者ですが、売れるための工夫をせず、他の不動産会社によるお客様の紹介を全て排除することがあります。自社の両手で手数料を取るためです。

あらゆるマンション・一戸建ての購入希望者の見学を断っているのですから、これは売れないに決まっています。

良心的な会社は売り止めをしません。自らの能力を過信しない中小業者のほうが、良心的な傾向にあるといえます。1社で手数料を両取りしようとせず、2社以上で協力関係を気づきますから、結果として案内集客力、成約力は、大手不動産会社以上になります。有名だから信頼できるとは限りません。

いま、マンション・一戸建てが売れないで困っている売主様は、お声をかけてみてください。

なお、「買取保証」などを呼び物にして前面に押し出してくる会社は注意すべきです。あえてマンション、一戸建てを売れないポジションにおいて、むしろ安く買い取ることを目的の場合があります。

2.告知活動

仲介業者は、マンション・一戸建ての販売に当たりインターネット等に情報を登録し、紙媒体に情報を掲載します。新聞を読む人が中高年層に集中しているため、折込チラシの効果は、年々薄くなってきていると言われております。

しかし、なによりも大切なのはやはり現代ではインターネットです。マンション・一戸建てを買おうとして、まず最初に見るものだからです。

情報掲載の内容・手法は法令や慣例で定式化されています。業者間での実質的な差は、出にくいですので、売れないマンション、一戸建てでお悩みの方は、ネットの掲載状況をチェックしてみましょう。

3.販売図面

図面はプレゼンツールであり、情報伝達シーツであります。

物件が売れない理由は、ここにも隠されているかもしれません。

不動産業者は、販売に当たりインターネット等に情報を登録しますが、同時に他社のお客様の紹介をもとめて、不動産業者のみが閲覧することができる【レインズ】というサイトに登録して、販売用の図面をアップロードします。

先述の通り、売却では積極的に他社の協力を活用すべきですので、購入希望者を紹介する営業マンが目にし、購入希望者のお客様が目にする図面は必要な情報が不足してはダメです。環境、設備、ローン、管理面などのメリットを適切に記入する必要があります。

一戸建て・マンションの販売資料は、豪華である必要はありません。しかし、詳しく適切であることは必要です。

力量のない会社では、この情報の調査が不十分である図面もしばしば見受けられます。

4.見学を受け入れる準備

あまりにもモノが多すぎて生活の雰囲気があるため、部屋が狭く見えるマンション・一戸建て、暗く見える物件、臭気がするマンション・一戸建てはテンションを下げる結果となります。いづれは退去するのですから、不要なものは捨てましょう。

 

  • 価格設定が不適切で売れない場合

1.業者の口車

当初のマンション・一戸建ての査定価格が相場から逸脱しているのを承知して、担当者が売主さんに正しい、売れる価格を提案をしないことがあります。まさに口車といえるでしょう。

「マンション・一戸建ての売却委任を取れればこっちのもの」と考える会社は必ず存在します。いつかは売れるのでしょうが、販売は長期化し、落胆度も大です。必要以上にご所有のマンション・一戸建てを値下げせざるを得ない展開になるので気を付けましょう。

2.相場との関係

不動産の価格は最終的には売りたい人と、買いたい人が決めるものなので、値段が高くても買う人がいれば問題はありません。

ただ、相場よりも高い金額で購入しようという人は数少ないですので、価格設定が適切でない場合は、ご所有のマンション、一戸建ては売れない確率が高まります。

売れないでお悩みの場合は、既にご所有のマンション・一戸建てがインターネットに出ているものと思います。まずは、ご自身の物件の状況と競合状況を確認ください。

  • 同じ駅
  • 同じ間取り
  • 近い面積
  • 近い築年数

似たような物件物件は他にもあるでしょうか。ないでしょうか。あるようですとその物件がライバルです。

当初の売り出し価格は相場よりやや高めで出すことでかまいませんが、あまりにも高ければ、検索にかかりません。相場と著しく離れた価格で売りに出すと、見学すら来ないということがありますので、注意しましょう。

3.好ましくない条件

物件の特徴や周りの施設、環境など、近くに好ましくない建物があったり、物件の一部に何かの欠陥があったりするとなかなか売れないということも起こり得るでしょう。

また欲しいマンションや一戸建ての条件には、人それぞれです。

不快な条件がなくても、売れないマンションや一戸建てが、実はとても個性的なものだったり、一般の人には大きすぎるなどの場合もあります。そのマンションや一戸建てが標準的な物件ではない場合です。売れない場合があります。特徴的過ぎるマンション・一戸建ては、早期には売れないで、長期化も覚悟しなければなりません。

 

 

マンション一戸建てが売れずにお悩みの方は、ぜひ当社にご相談ください。