当社と他社のちがい

当社と他社の売却手数料の取り扱いの違い

通常の売却の仲介手数料

まず、一般的な仲介手数料の状況を説明します。

不動産業者の手数料は『宅地建物取引業法』と『省令』により定められています。具体的には「宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額(昭和四十五年十月二十三日建設省告示第千五百五十二号)」に規定されています。この第2条に記載の報酬額が、法定上限として機能しています。

下記の表に該当する部分を合算した金額が報酬額です。売却の手数料はがよそ3%+6万とされる根拠です。

基準となる売買代金 代金に対する報酬額の比率
200万円以下の部分 5%+消費税
200万円以上400万円以下の部分 4%+消費税
400万円を越える部分 3%+消費税

不動産売却手数料の相場

長年の慣行で、法定上限が売買の仲介手数料の相場となってきました。仲介手数料の速算では、おおむね「3%」でよいと思います。

例えば、3000万円の物件ですと、100.8万円です。

都内の不動産取引では400万円以下の売買代金となるケースは少ないため、通例3%+6万円(400万円以下の部分の速算)+消費税と説明しています。

1980年代バブルの時代には、これに疑問を持つ人は誰もいませんでした。

しかし、上記の仲介手数料の相場は、あくまでも相場です。正規手数料といいますが、法定ではなく、定価でもありません。その点に目を付けたのが、当社のような会社です。

売却に対する当社と他社の違い

  • 当社の手数料は、法定上限まで請求しません。
  • 当社は、ネットを利用するなど、オープンな売出戦略です。そのため相場よりもリーズナブルな手数料です。

法律や省令で定められている仲介手数料は、上記の説明のとおり、上限価格を決めているだけです。実際の手数料価格は、それぞれの業者が自由に設定できます。

また、仲介手数料は成功報酬です。成約するまでは手数料は発生しません。