高い査定は悪い査定?

高額査定の思惑

不動産仲介における査定は、あくまで「予想価格」だということを、まずご承知おきください。コミットメントはありません。その金額で買い取るわけではありません。予想ですから言いたい放題です。

では、なぜ高い査定をわざわざ出すのでしょう。

高額査定をする会社は、物件をお預かりすることが第一の目標です。

高額査定がでれば、売主さんの期待も膨らみます。

高い金額で最終的に売れればいいのですが、実際には不動産市場にも市場原理が働きます。それほど甘くはありません。

現実には内覧依頼・引き合いが出ないことがほとんどです。

値こなし上手は売り上手

不動産の査定はあくまで予想価格です。売却の委任をすると、実際には、次のような展開になってきます。

  • 実際に市場に出して、売主に現状を「理解させ」ます。
  • 不動産業者から自宅に連絡が入ります。曰く「販売価格が高いので、内覧依頼が来ない状況です。価格を下げましょう!」。
  • 売れる値段まで”下げ交渉”を迫って来ます。

値こなし上手は売り上手」とは、業界の格言です。

両手手数料

売却委託を取り付ける目的は、最終的には両手の手数料です。売主・買主双方から手数料を取ることをを両手といいます。

狡猾な会社では、レインズ登録をしても「商談中です」と言って、他社からの購入客紹介を排除します。最悪の会社では、売却情報が他業者に漏れないように、レインズ(不動産業者間ネットワーク)への登録を避ける形で売却を進めます。

それは販売していないことと同じです。

売り止め

意図的に他の不動産業者による客付けを排除することを、売り止めといいます

この売り止めは一部の悪徳業者がやってると思われるでしょうが、わりと常態化しています。

大手と呼ばれる業者さんのほうが「売り止め」をする確率は高いようです。

看板に惑わされないパートナー探しを

当社をはじめ、適正な手法でスピード・高額売却を心がける不動産業者も実際には存在します。このような不動産業者による売却も、ぜひご検討ください。