マンション売却の方法

マンションの売却方法を一言で説明すると「査定を行い、売却を依頼する」です。
数多くの不動産業者のなかから、売却を依頼する業者も選ぶ必要があります。

マンションの売却の「業者選び」

マンション売却にとって重要な「業者」ですが、査定の段階では複数に依頼する方法が一般的です。選択でミスをしないようにするためです。

マンション査定業者の中から売却を依頼する先を選ぶことになると思いますが、ほとんどの不動産仲介は無料で査定を行います。しかし、「無料」で査定を行うのは、マンション売却契約を結び、「仲介手数料」を得るためです。

行動には思惑があります。でも、最初から1~2社のみに査定を依頼する方法は、選定びに支障をきたすだけでなく、正しい価格を知るにもデータ不足です。

複数の業者なら査定価格にも共通点が見つかりますし、のちの売却契約を結ぶ業者の選択肢が広がります。

若干手間は掛かりますが、査定行うときは複数の業者に依頼しましょう。

意外ですがオーソドックスな手法でスピード売却・高額売却を可能にする当社の手法も、ぜひ一度ご検討ください。

 

マンション売却の方法:業者選定

マンション査定業者の出す査定価格はさまざまです。

査定価格が高い業者は避けるのが賢明です。委任を受けることを優先にして、あとで値下げ交渉をすればいいやと考えている場合があります。平たく言えば、嘘をついています。

業者選びには慎重さが要求されますが、最適な方法が「相性」と言われてるくらい業者選びは難しいものです。

注意しなければならないのは、あまり良質ではない業者です。

売却情報を独り占めするため、売却情報が他業者に漏れないようするために、レインズ(不動産業者間ネットワークです)への登録を避ける形で売却を進める業者がいます。

狡猾な会社では、仮にレインズ登録をしても「商談中です」などともっともらしいことを言って、他業者の顧客紹介を断る業者もします。コンプライアンスに厳しいはずの大手業者でも、一部は普通に行っています。

これを売り止めといいますが、このように不動産業界は、わりと顧客志向の薄い世界です。

マンション売却の査定とは

重要な要素である「査定」ですが、査定金額はさまざまです。

査定金額は、「その金額で売ること約束した金額」ではありません。あくまで予定であり、金額は未定であることです。

査定金額は、一定の計算方法をもとに導き出しますが、査定は業者が経験やデータを基にして導いた金額です。マンション売却をする人にとっても「予想の金額」でしかありません。

査定の段階では「価格は未定なので売却価格として考えるには早すぎる」と覚えておいてください。

なお、査定金額は実際のマンション売り出し価格と異なっていても構いません。

マンション売却の委託をする

1.専属専任媒介契約

1社のみの不動産業者と契約し、その不動産業者が紹介する相手にしか売却できない。自分で見つけた相手と取引したり、他の業者の媒介で取引した場合は違約金を支払わなければなりません。

2.専任売却契約

1社のみの不動産会社と契約し、他の業者の媒介で取引することはできませんが、自分が探した相手とは直接売買契約することができる。

3.一般媒介契約

特定の不動産業者だけでなく複数の不動産業者に売却依頼することができ、自分が探した買い手とも直接売買契約することができます。ただし、業者は依頼主への処理状況の報告義務や流通機構への登録義務がありません。また、一般媒介契約には、依頼者が他のどの業者と媒介契約を結んでいるのかを明らかにする「明示型」と、明らかにしない「非明示型」があります。

売却先を決定する

マンションの売却先は、いくつかのターゲットが考えられます。

一般個人・一般法人

やはり主力のターゲットです。

実際の居住用のマンションを購入します。賃貸付のマンションでは、投資家が購入することがあります。一般法人も投資用として購入したり、社宅として購入したりすることがあります。

不動産業者

最後の砦です。購入は売却目的で、リフォームして販売することが多いようです。

売却を急いでいる場合などは十分なターゲットになります。