売却における一般媒介を利用するメリットとデメリット

一般媒介のメリットもデメリットも、売主さん主導で多くの業者に声をかけられることにあると思います。

売主さん個人がまさに不動産業者的な動きができるかどうか、それが成功のポイントです。

一般媒介のメリット

よく言われる一般媒介のメリットはいろんな業者に声をかけられることです。なにより、不動産業者に縛られなくて済みます。

ですので、信頼ができる不動産業者を見出すことができず、時間をしばらくかけてもいい場合は、この手法がいいと思います。または、これは、買主が群がってくるような希少性の高い物件、激安物件であればいい手法です。

不動産業者をどんどん天秤にかけることができます。

一般媒介のデメリット

しかしメリットは裏返せばデメリットです。デメリットも、多くの業者が関与できることに関係するかもしれません。

  • 1.広告は最小限に
    業者の視点からすると、手数料にあり付ける確率が減ります。そのため、どんな大手に依頼しても、広告は最小限です。広告をしない業者もいます。
  • 2.業者が取る手間は最小限
    情報を公開するということは、情報に責任をもつことになります。しかし、手間を最小限にするため、売却のための物件調査も最小限になる可能性があります。調査をしていなければ責任を持てるわけがありません。そのため、他社に買主紹介を依頼することがなくなる場合があります。
  • 3.業者がけん制し合って話が進まない
    • 業者間でけん制しあって、物件の動きが出にくくなることがあります。
    • 本来であれば、不動産業者からすれば売れればいいわけですから、買主の商談の提示の条件が、ちょっとの程度なら相談を持ちかれてもいいはずです。
    • しかし、けん制しあうとなると無条件でいい買主が出てくるまで、積極的な交渉をしなくなります。解任を恐れるためです。